AD125の買取査定金額と高く買取してもらう為の方法がこれ

バイクメーカー:アディバ
車種名:AD125
排気量:51cc – 125cc

AD125の買取査定上限金額相場と買取査定相場上限額


今現在のリアルな数字を算定する必要があるのためこちらのページでお持ちのバイクの状況を入力すれば金額がわかります。


以上買取相場金額はいかがだったでしょうか?
おもったより高かった…

おもったより安かった…

いろいろ思う所はあるとおもいます。

ですが、この買取相場はあくまで相場ですし、走行距離などを考慮していないので、正確な金額ではありません。

なので、手っ取り早くバイクを売るならバイク王が結構良い金額で査定してくれやすいです。

アディバAD125排気量:51cc – 125ccを高額査定

また、当たり前ですが、AD125も買取の際に査定金額はバイクの状態で変わります。

何もしないで査定するより、少しメンテナンスしてあげてから売る方が査定人の評価も上がりやすく1000円でも2000円でも上げて売りたいですよね。

AD125の査定金額をあげるテクニック

意外と売る側の意識としては高く買ってもらうという意識が働きやすいのですが、高く買ってもらうというのは、次に買ってもらう人の為に手元にあるバイクの調子がイイのか悪いのか?

見た目は綺麗か?

という事をメインに考えれば1番わかりやすいです。

買う側の視点でみて、そのバイクは買いたいと思えるかどうか?(次に乗るであろう人)

バイクそのものの、車種毎の評価というのは、もう変えられないので、仕方がありませんが、評価から下がるのか上がるのか?評価そのものなのか?は、簡単な手入れをするだけでも変わります。

とはいったものの売るとなった時は急遽手放す場合などもあるので、下記のチェックに対して対処できる所だけ行うという事でいいと思います。

手入れの費用が買取費用を上回っては本末転倒になってしまいますからね。

AD125の査定金額をあげる注意ポイント

セルモーターの反応

これについては、調子が悪かったとしても、一般的に素人が簡単に行える場所じゃないので、できる人はオーバーホール、またはセルモーターの交換などで対応してもいいとは思いますが、買取金額が思ったほど上がらないという事も車種によってはありえるので、それでもいいという方は査定前にオーバーホールや交換など行って見てください。

また、セルモーターが回らない原因がバッテリーか、バッテリーの接触不良という事もあるので、まずはバッテリーを疑って見てください。

意外とバッテリー交換で上手くセルモーターの反応が戻る事は多いのですよ。

AD125のエンジンのかかり具合

エンジンのかかり具合というのは、査定に大きな影響があります。
【セルが回らない場合】

キルスイッチの確認

車種にもよりますが、簡単に触れる位置にあるキルスイッチですが、触った覚えがなくても意外とこれが原因でエンジンがかからなかったりします。

まずはこの部分をOFFでないことを確認してOFFだったらRUN(ON)に切り替えてもう一度エンジンをかけなおしてみてください。

サイドスタンドの確認

車種によっては、エンジンがサイドスタンドが出たままだと、かからない仕組み付いている場合があります。

もう一度サイドスタンドが確かに払ってあることを確認して、エンジンをかけてみてください。

また、サイドスタンドが払ってあっても、センサーが壊れてエンジンがかからない、といった不具合もあるようです。

センサーが壊れている場合はバイクショップでの修理になります。

ニュートラルスイッチの確認

車種によっては、ギアがニュートラルでないとエンジンがかからないものもあります。

ニュートラルランプが点灯していない場合は、ギアをニュートラルに入れてからもう一度エンジンをかけてみましょう。

AD125のバッテリーの確認

暫くバイクを放置していたり、バッテリーを交換してから何万キロも走っているという事があれば、バッテリーの残電力がなくなっていることが疑われます。

バッテリーの交換が必要な場合は交換しましょう。

AD125のヒューズの確認

あまりこれが原因の状況は少ないかとは思いますが、ウインカーやテールランプの交換等、電装系をいじったりしたときに、ヒューズが飛んでいる場合もあります。

この場合は、飛んでいるヒューズの交換が必要です。

【セルが回る場合】

ガソリン残量の確認

意外と見落としたりする場合がありますが、実はガソリンがないという場合です。

ガソリンを補充してセルを回して見てください。

ガソリンの状態を確認

暫くバイクを放置していた場合は、ガソリンの状態が悪くなり、燃焼が起きにくくなっている可能性があります。

キャブ内のガソリンを一度抜き、タンクから新しいガソリンを注入し、再びエンジンをかけてみてください。

かなり長期バイクを放置していた場合は、ガソリンの全交換が必要です。

やり方がわからない場合は、費用と買取査定相場と比較してショップでのお願いする事になります。

AD125のプラグコードを確認

プラグ交換後等にプラグコードが抜けていた場合などがあります。

一度確認してみましょう。

AD125のプラグの状態を確認

セルは元気よく回る、エンジンも調子良かったはず・・といった場合は、プラグかぶりの可能性があります。

プラグかぶりの解消方法としては、

1.プラグを交換

2.プラグ清掃

が挙げられます。

ライターをお持ちの方は、プラグを炙ると付着していた汚れが取れますので、緊急時は試してみてください。

やり方がわからない場合は、費用と買取査定相場と比較してショップでのお願いする事になります。

AD125の混合気の確認

上記を調べたけどエンジンがかからない。
そんな場合は、正常な混合気が作られていないかのが原因かもしれません。

バイクというのは、ガソリンと空気を混合した気体をエンジンの燃焼室に送り、その気体を圧縮し、プラグが火花を散らし点火することでエンジンを動かしています。

エアクリーナーの状態を見て、汚れていれば清掃、交換をする)エアスクリュー、パイロットスクリューを回して混合気を調整するキャブの詰まりを確認、清掃するやり方がわからない場合は、費用と買取査定相場と比較してショップでのお願いする事になります。

AD125のアイドリングが安定しているかどうか

エンジン内部の汚れが原因でかからない可能性

エンジン内部を綺麗にする燃料に添加するフューエルワンというのがありますのでそれを試してもいいと思います。

ただし費用としては1500円前後はかかるので、理解した上で行うという事になります。

AD125のエンジン音に異音があるか

これに関してはAD125バイクの構造を理解して整備の知識が無いと簡単にいく話しでは無い場合が多いので、バイクショップなどにAD125バイクを持っていって、見積もり金額を見た上で判断という事になると思います。

AD125のフレームの歪み傷、独自のカスタム加工

これに関してはAD125バイクの構造を理解して整備の知識が無いと簡単にいく話しでは無い場合が多いので、バイクショップなどにAD125バイクを持っていって、見積もり金額を見た上で判断という事になると思います。

AD125の外装、パーツなどの傷

塗装面をえぐるような傷で下地の色が見えていたり金属面の所の塗装も金属部分が出ているほどの傷は素人には難しいですがそれ以外の傷であれば、ソフト99工房の液体コンパウンドを使って、磨くと綺麗になりやすいです。

よく、傷を目の粗い紙やすりから、徐々に目が細かい紙やすりなどで少しづつ磨いていくというのがありますが、中々素人には難しく削りすぎてしまって余計に傷が目立ってしまうという事になりかねません。

それであれば、先程申し上げたソフト99工房の液体コンパウンドで消せる分だけを消すという方法がいいでしょう。

AD125サビ・腐食

金属部分の腐食やサビなどについては、ワコーズ MTC メタルコンパウンド 万能金属用磨き剤 120g V300を使用してある程度は綺麗になります。

基本は、洗車をしたあとにまずは、ワコーズ MTC メタルコンパウンド 万能金属用磨き剤 120g V300を使って目立たない所で試した後、問題がなければ他の金属部分などにも同様に磨いていけば、だいぶ綺麗になります。

本来は綺麗に磨いた後に、状態を維持するようにコーティングが必要ですが、すぐ査定するという事であれば、その必要もないので、綺麗に磨くだけで十分です。



AD125のブレーキパッドの残り具合

ブレーキパッドの残り具合に関しては、AD125バイクについての知識が必要なのでバイクショップでのブレーキパッドの交換がおすすめです。

費用は車種や取り付けるパッドや、ショップで変わるのでバイクショップに一度車種名を聞いてブレーキパッドの交換費用を聞いてみてそこまで高くなければ交換をお願いしてもいいと思います。

ただ、ブレーキをかける時に、音がなったりしていなかったり、よっぽどブレーキパッドが減っていない限りは気にしなくてもいいでしょう。

AD125のタイヤの状態・溝の有無

タイヤに関しては、溝が少ないという事であれば、もう買い換えるしかありませんが、交換費用は安く収まることはあまりないので、タイヤに関してできることといえば、タイヤの汚れを綺麗に洗って艶出し剤をお持ちなら軽く塗って綺麗にする程度となります。

最後になりましたが、車種名に関するパーツをカスタムパーツに変えてあるなら、純正パーツに戻す。

もしくは、純正パーツが残っていることを伝える事も査定人の印象は良くなりやすいです。

汚い車両よりも綺麗な車両の方が、車両の状態をより正確に把握すくなるのと、やはり綺麗にしておいた方が評価時の心象はよくなりやすいのは間違いありません。

また、綺麗にメンテナンスしている様に見せるという事は、AD125バイクの存在だけではなく、AD125バイクへの強い気持ちも伝わります。

また持ち主も査定には同伴するわけですから、いい加減な査定させないように緊張感を持たせるという事も重要な事となります。

大事に扱っていないというのがわかれば、AD125バイクの事がよくわかっていないという風に脚元を見られる事を回避できることも有るからです。

付け焼き刃でも、AD125バイクを綺麗にしておいて、調子もできるだけ良くしておくという事は車種名のバイクの買取査定に少しでも好影響をもたらす為には大事なんですね。

ラキュット